【人物図鑑】KAILでの学びと志の実践を生かし、多彩な事業の中に、新風を吹き込む

【画像】西部ガス興商株式会社 代表取締役社長 佐藤操

西部ガス都市開発株式会社
代表取締役社長
佐藤操

【画像】西部ガス興商株式会社 代表取締役社長 佐藤操
西部ガス興商株式会社
代表取締役社長
佐藤操

【さとう・みさお】
北九州市出身、1958年10月10日生、福岡県立小倉高校卒~慶応義塾大学商学部卒。1981年4月西部ガス株式会社に入社、1990年7月同社人事労政部係長、1995年4月同社北九州事業本部営業総括チーフ、1999年7月北九州博覧祭協会へ出向、2001年12月西部ガス株式会社総合企画室関連事業室課長、2005年7月西部ガスライフサポート株式会社へ出向、2008年7月西部ガス株式会社事業推進部事業開発室室長、2009年7月同社福岡営業本部営業部長、2011年7月同社市場開発部長、2013年4月大牟田ガス株式会社に出向して常務取締役、2015年4月大牟田ガス株式会社代表取締役社長、西部ガス株式会社常務執行役員を経て、2019年4月西部ガス都市開発株式会社社長に就任。趣味はゴルフ、ジョギング、将棋。

【3Points of Key Person】

◎多彩な事業を展開する西部ガスグループの子会社社長に就任
◎3度の出向を経験したKAIL1期生で同窓会組織の初代会長
◎企業経営や社会活動において、学びと志の実践に尽力する

本社オフィスのショールーム化などの新風を吹き込む

【画像】西部ガス興商株式会社 代表取締役社長 佐藤操

 不動産事業を核にボウリング・アイススケートなどのスポーツ施設・フィットネスクラブの経営、ホール・貸会議室の運営、レストラン経営、オフィス家具・OA機器販売、旅行業、保険業、会員制保養施設運営などを幅広く手掛ける西部ガス都市開発株式会社は、西部ガスグループにおいて非エネルギー分野の事業展開を担う。

「幅広い事業分野を手掛けているので、各事業を掛け算をしていくことでのシナジー効果を発揮していかないといけない」と、力説する佐藤操社長は、洗練された空間の新オフィスで語る。
2019年4月に就任した佐藤社長は同年11月、本社のパピヨン24の6階から4階への事務所移転に際して、「オフィス家具の販売も手掛けており、自社のオフィスをショールームとして活用していくことで最先端機能を備えた洗練されたオフィス空間での快適性と高い生産性を実現している」と、胸を張る。

自他ともに認める〝熱きガスマン〟の佐藤社長は就任後、全管理職を対象とした1泊2日の合宿研修を実施した。
自ら講師を務めた佐藤社長は、「各事業の間にヨコ串を刺していく」「目標を高く掲げて、自らの道しるべとなる〝北極星〟を見出してほしい」「仕事をはじめ物事に対して、〝一人称〟で取り組んでいこう」と、熱く語って意識改革を訴えていくとともに社内に新風を吹き込むべく奮闘する。

基軸や熱い思い、胆力、利他の精神で荒波に立ち向かう

【画像】西部ガス興商株式会社 代表取締役社長 佐藤操

荒波が来ても、真正面にぶつかれば転覆しない――。
漁師の間で伝わることわざを信条とする佐藤社長は、「これまでの歩みを振り返ると、私自身の転機となったのは、北九州博覧祭協会への出向をはじめ、関連会社の西部ガスライフサポート、大牟田ガスへの3度の出向だった」と明かす。

「響きあう 人・まち・技術」をテーマに開催されて215万人が入場した北九州博覧会2001の運営事務局から本社関連事業室課長として戻った佐藤社長は、西部ガスグループ初の介護付有料老人ホーム『アンペレーナ百道』を企画した。
時を同じくして、次世代のビジネスリーダーを育成していく『九州・アジア経営塾』(KAIL)に第1期生として入塾した。当時、新規事業の担当課長だった佐藤社長は、KAIL塾生という二足のわらじを履きながら、多忙な日々を過ごした。

卒塾後、介護事業を手掛ける西部ガスライフサポート株式会社の設立に際して出向して、アンペレーナ百道を立ち上げた。
その後、本社に復帰した佐藤社長は事業開発室室長、福岡営業本部営業部長、市場開発部長を歴任後、関連の大牟田ガス株式会社へ出向した。「大牟田の方々は温かく、私自身も大牟田に移り住んだこともあって、大いに親しみを感じた」と、目を細める佐藤社長は大牟田ガスでの常務、社長を経て2019年4月、西部ガス都市開発社長に就任した。

リーダーに必要な要素として、基軸(北極星)、熱い思い、胆力、利他を挙げる佐藤社長は、「社員や従業員の幸せを追求していくことは、お客さまの幸せの追求につながり、そして会社自体が良くなっていく。その結果、さらに社員・従業員が幸せになって、顧客満足度も高まり、企業としての業績にも反映されていく」とする。その上で「究極の利己とは、利他である」と説く。
これらの取り組みの根底には、KAILでの学びがある。もっとも、「思いが強過ぎると、仕事や職場でぶつかって自らを追い込みがちになり、討ち死にすることもあるので、寛容や我慢することの大切さも体感した」と、佐藤社長は語る。

「KAILでの学びや志をもっと広めていきたい」と、意欲的な佐藤社長は2007年5月、九州・アジア経営塾の卒業生で組織する同窓会組織『碧樹会』の初代代表幹事に就任した。
現在、同会のアドバイザーを務める佐藤社長は、「第1ステージはKAILでの学びであり、第2ステージは碧樹会での実践となり、そして第3ステージとしては、今後リタイアしていく卒塾生が現役時代にやりたくてもできなかったコトをやっていく実践集団、仮称『碧樹会プラス』などの取り組みへのグレードアップを図っていきたい」と、その情熱が尽きることはない。

学びと志の実践を通じて、故人への恩返しに帰する

【画像】西部ガス興商株式会社 代表取締役社長 佐藤操

2021年に50周年を迎える西部ガス都市開発商のトップとして佐藤社長は、「多彩なビジネスやサービスを提供する当社では、各事業・各施設において、お客さまへの感謝の気持ちをカタチにした創業50周年イベントをやっていきたい」との思いを描く。
その第一歩として、同社の経営理念について、「社員と一緒になって、みんなで新しい経営理念をつくっていく」「そして、人の役に立つ活動、世の中のためになる取り組みをやっていきたい」と考える。
これまで薫陶を受けたKAIL初代塾長の故四島司・元福岡シティ銀行(現西日本シティ銀行)頭取、長年同塾の講師を務めた故中村哲・ペシャワール会現地代表への恩返しを考える佐藤社長は、「学びと志の実践を通じて、失われつつある道徳心を取り返していきながら、広がる利己主義に対してクサビを打っていきたい」と、決意を新たにする。

DATA

名 称西部ガス都市開発株式会社
住 所:福岡市博多区千代1-17-1 パピヨン24 4F
設 立:1971年10月5日
代表者代表取締役社長 佐藤
事 業:不動産業、スポーツ施設・フィットネスクラブ運営、商品販売、旅行業、ホール・貸会議室運営、レストラン経営、オフィス家具・OA機器販売、旅行業、保険業、物流業、会員制保養施設運営
URLhttps://www.sg-ud.co.jp/

Follow me!