【人物図鑑】大濠テラスの仕掛け人が考える、〝妄想〟から始まる企画〝必勝〟法

【画像】クレアプランニング株式会社プロダクト開発室室長 戸田三喜郎

クレアプランニング株式会社
プロダクト開発室室長
戸田三喜郎

【画像】クレアプランニング株式会社プロダクト開発室室長 戸田三喜郎
クレアプランニング株式会社
プロダクト開発室 室長
戸田三喜郎

【とだ・みきろう】
1973年7月22日生、愛媛県西条市出身。1996年積水ハウス株式会社に入社。アイランドシティ開発を手掛ける。2014年クレアプランニング株式会社に転じて、商業施設や店舗開発に取り組む。「We Love 天神協議会」会員。2020年9月大濠公園内の日本庭園横に『大濠テラス 八女茶と日本庭園と。』をオープンさせる。好きな言葉は「自分の人生を幸せにするのも、不幸せにするのも自分次第!」「出会いが人生を変える!」。

【3Points of Key Person】

地元の中小企業チームで公募案件を勝利、『大濠テラス』を実現
◎ 積水ハウス出身、アイランドシティなどのまちづくりを手掛ける
◎ 妄想をチームビルディングでアイデアへ昇華させて事業化へ図る

小よく大を制して誕生した『大濠テラス』の奇跡

【画像】クレアプランニング株式会社プロダクト開発室室長 戸田三喜郎

全国有数の水景公園であり、〝福岡のオアシス〟である『大濠公園』――。
公園運営者の福岡県は、官民連携による公募設置管理制度(Park-PFI)を用いた公園南側エリアの活性化事業を実施した。
その結果、2020年9月に誕生したのが、『大濠テラス 八女茶と日本庭園と。』だ。

「大濠公園内に〝風と光を感じられる『場』〟を創り出したかった。そういう空間を設けないと、私たちが取り組む意味自体も無いと考えていた」
大濠テラスの仕掛け人であり、空間プロデューサー業を手掛けるクレアプランニング株式会社プロダクト開発室の戸田三喜郎室長は、木造一部2階建ての開放的な建物の一角でにこやかに語る。

池の水景や木々の緑を眺めながら、ゆっくりとくつろげる大濠テラスでは、八女茶をテーマにカフェをはじめ、各種県産品の販売、博多織の帯や久留米絣の着物のレンタルなどを通じて、魅力を発信している。
現在、日本庭園の隣に位置して客足が途絶えない大濠テラスだが、当初の計画では、別の場所を予定していた。
自治体がまちづくりや公共施設整備などに際して、民間事業者からのアイデアや意見を広く求めるサウンディング型市場調査において、「これまでのPark-PFIの実例や海外で視察した公園事例などを基に設置場所の変更提案をしたところ、実際のコンペ事業では、変更された設置場所における公募となった」ことを戸田室長は明かす。

本番である『福岡県営大濠公園飲食店等整備事業』には、全国区の大手企業や地場大手などが並み居る中、戸田室長は地元の中小企業チームを率いて応募した。
「熱い思いが無いと、アイデアやプランを考え抜くことはできない」「最初、手弁当で集まってきた地元企業グループの仲間でアイデアやコンテンツを出し合い、とことんまで考えて提案企画に織り込んだ」とする戸田室長らによる《日本庭園とつなぐ》《生産者とつなぐ》《歴史・文化とつなぐ》《未来へつなぐ》とする『大濠公園《つなぐ》プロジェクト』は大手企業を相手に僅差で勝利した。
そして、日本庭園を盛り上げながら、八女茶を楽しみ、県産品や着物を手にすることができて、さらにイベントスペースも兼ね備えた大濠テラスとして実を結んだ。

アイランドシティ住民1号、まちづくりを実践する

【画像】クレアプランニング株式会社プロダクト開発室室長 戸田三喜郎

四国の旧家に生まれ育ち、子どもの頃から住宅の間取りに興味を抱いていたという戸田室長は、大学進学で福岡市へ移り住んだ
学生時代は、企画系サークルに所属して、親不孝通りのディスコ『マリアクラブ』での学生ダンスパーティー企画で1300人超の動員イベントを手掛ける。

大卒後、新卒で入社したのは、積水ハウス株式会社だった。
「住宅の間取り好きが高じて、高校生の時から住宅業界の最大手で働くことを決めていた」とする戸田室長の初任地は大分支店だった。
2003年に福岡支店へ転勤して、2005年にアイランドシティ開発室へ異動した。「積水ハウスにとっては、百道浜に続く福岡市との開発事業であり、誰も住んでないエリアで〝夢ある生活提案〟をする難しさを痛感させられた。販売責任者として、自ら住むことを決意して〝住民第1号〟になり、住民自治体の立ち上げをはじめ、地域清掃や夏祭りの実施などもゼロからのまちづくりに取り組んだ」と、目を細める戸田室長は2008年に戸建住宅販売で社内1位を獲得した。
また、自費で参加していた福岡青年会議所では、〝夢見る専門学校生〟向けの〝活躍・披露する場〟として、『FUKUOKA HAPPY COLLECTION!』を企画・開催した。

もっとも当初、自由に取り組めたアイランドシティのまちづくりも事業が軌道に乗るにつれて、社内からの横やりや雑音も増え、さらに転勤話も遡上に上がるなど大企業としての〝限界〟を実感した戸田室長は、退職しての福岡残留を選んだ。
退職後、数多くのスカウト話が来た中、戸田室長が選んだのが、青年会議所時代に知り合った中田泰平社長がトップを務めるクレアプランニングだった。

「今後、企業は付加価値を持たないと生き残れない。受け身ではなく、企画提案が大事であり、《自分だからできる》《自分にしかできない》案件に取り組んでいる」とする戸田室長は、博多駅前の人気カフェレストラン『GARB LEAVES』、大川市の観光・インテリア情報拠点『大川TERRAZZA』などを手掛けた。
また、天神地区のエリアマネジメント団体『WeLove天神協議会』会員しても『ランチミートアップ』などを企画し、海外先進都市への視察にも参加している。大濠テラスに続き、コロナ禍で建設延期となったビル予定地を転用したキッチンカーや移動販売車が集まる〝場〟である『薬院テラス』を誕生させた戸田室長は、地元のテレビ番組で〝福岡のテラスブームの仕掛け人〟として紹介されたこともある。

妄想が〝この指止まれ〟の仲間結集で事業となる

【画像】クレアプランニング株式会社プロダクト開発室室長 戸田三喜郎

「成功するかどうかは別にして、妄想でもいいので、《こんなコトがあったら楽しい》《自分がやりたい》ことに取り組み、挑戦することが大事だ」と、戸田室長は説く。その上で「小さな会社でも《やってみよう》という意志さえあれば、行動して実現できる」との〝根拠の無き自信〟をもって語れる点も強みの一つとなっている。

これまで数々の妄想をアイデアに昇華し、さらに事業として具現化してきた戸田室長は、「《この指止まれ》スタイルで仲間に呼び掛けて、各自のアイデアやコンテンツ、スキルを手弁当で持ち寄るチームビルディングからコトが始まる」。

「大きな企業の場合、新規事業の立ち上げにおいて上司の説得にエネルギーが割かれてしまう、あるは社外に丸投げしてしまう」ことを自ら経験してきた戸田室長は、「行動する人たちで自らプロジェクトをつくっていくことを通じて、結果的に〝より良いまち〟づくりにつながれば、本当に嬉しい」と破顔一笑だ。

DATA

名 称:クレアプランニング株式会社
住 所:福岡市中央区天神4-7-11 クレアビル
創 業:1973年8月1日
代表者:代表取締役 中田泰平
事 業:空間プロデュース事業、商業施設・店舗開発事業、家具・什器製造販売事業
URLhttps://www.crea-p.co.jp/

Follow me!